【2020&夏限定】BOTANIST(ボタニスト)のダメージケア【シャンプー&トリートメント】を実際に使ってみた感想と評価

2020年4月29日水曜日

美容




皆さんはBOTANISTが定期的にに季節限定の商品を発売しているのはご存じでしょうか。


ここ最近で言うと春限定の桜シリーズが発売され大きな注目を浴びました。


春が来たという事は勿論、夏限定の商品も発売され、それが本記事の本題である、


ボタニカルフレッシュシリーズ


このシリーズは夏にぴったりな爽やかさや、さっぱり感を味わえる、これからの季節にぴったりの商品となっています。


本記事ではボタニストのボタニカルフレッシュシリーズを実際に使ってみた感想と評価などを紹介していきたいと思います。

BOTANIST公式-https://shop.botanistofficial.com/

本記事はBOTANISTの公式ページを参考にする個所もございます。


もっとBOTANISTを知りたいという方は↑↑↑リンクよりより公式を参考にしてください。


ボタニストとは




ボタニストとは簡単にまとめると植物学者という言葉を指し、自然を感じ植物と共に生きていく事で毎日を丁寧に過ごす事の大切さ、そして何よりシンプルでいる事の大切さを教えてくれます。


現在ドラッグストアなどを見渡せば、必ずと言っていいほどボタニカル商品が並んでいます。


その為、現在はボタニカルブームと言っても過言ではなく、ボタニストはその道を切り開いた先駆者であると強く感じます。


その結果として店頭でも多くのボタニストの商品を見かけ、新商品が登場すると大々的に紹介されます。


因みにBOTANISTの売り上げ推移を見てみると結果は顕著に表れています。





またネットショッピングにおいても基本的に口コミ評価は☆4を超えており、多くの人たちから確実に評価されていることが分かります。


ここ最近の受賞歴としては、
「楽天ベストコスメ~ボタニカルシャンプー・トリートメントシリーズ」にて2018年、2019年(上半期)において連続受賞するほど人気の商品となります。


それでは何故ボタニストがここまで人気になったのでしょうか。


ボタニストが人気な3つの理由




ボタニストが何故ここまで人気になったのか考えてみたところ以下の3つの理由があると感じました。


☑無駄なものを省いたシンプルなデザイン
☑顧客のニーズにマッチする豊富な種類
☑サロンシャンプー級の成分


上記3つの中で何が顧客の興味を引く要因なのか考えてみた所、個人的には無駄なものを省いたシンプルなデザインであると感じました。


ボタニストのデザイン性


巷では余分な物を所持しないミニマリストやムダを徹底的にそぎ落としたブランドである無印良品などが大きな注目を浴びています。


この上記二つに共通するのは「シンプル」の思考を軸にしている事です。


またシンプルと言うのは勿論ボタニストにも当てはまります。


しかし市販の化粧品に着眼してみると、一般的に華やかな外観物が多く用いられています。


これは化粧品の香りや効果だけではなく、実際に家に飾った際に見た目も楽しんでもらう為にこのようなデザインが採用されていると考えられます。


しかしそんな中でボタニストはザ・シンプルなデザインを貫いており、周りと比較すると逆に目を引くデザインの商品となっております。






そもそも人間は何かを知ろうとするとき5感を頼りにします。


多くの場合、化粧品では店頭にテスターがない場合、視覚に頼るしかありません。


ヘアーオイル、ボディークリームなどはテスターで匂いや手触りで感じる事が出来ますが、シャンプー、トリートメント、ヘアマスクなどはそれらの方法を採用する事が出来ません。


よってデザインで差別化をはかり、ファーストコンタクトのみで顧客のハートを掴むボタニストのデザイン戦略は成功と言えるでしょう。



BOTANISTの豊富な種類



ボタニストには多くの種類の化粧品が存在します。


特にシャンプーやトリートメント類と言うのは、その人の悩みに合った商品と出会わせてくれます。


種類で言うと以下の6種類がシャンプー・トリートメントに販売されています。


☑モイスト
☑ダメージケア
☑ボリューム
☑スカルプ
☑スムース
☑チャコールクレンズ





またシャンプー・トリートメントなどは期間限定デザインや季節限定の香りなど、自分に合ったボタニストのシャンプー・トリートメントでパッケージや香りを変えて楽しむという事も出来ます。

BOTANISTの桜(モイスト)の口コミと評価について。2020年度のボタニストの【さくら】を使ってみた感想とレビューの比較

毎年期間限定で発売されるBOTANISTの桜シリーズ。 ボトルデザインも華やかで、歩くだけで桜を感じ・春を感じる事が出来るこのシリーズが気になっている方も多いかと思います。 本記事ではBOTANISTの桜シリーズの中でモイストのシャンプー&トリートメントを実際に使用した感想とネットの口コミを比較していきたいと思います。 ...


1ブランドでここまで種類を揃えているのは珍しく、なかなか他社ではないのではないでしょうか。



市販最強級の成分


シャンプーやトリートメントは頭皮との相性がつきもので、出来るだけ成分が優れたものの方が失敗しないと思うのが普通かと思います。


またどうせお金を払うなら、いいものをお得に買いたいと思うのが人間の心理です。


良いものと言うのは人によって基準は異なりますが、多くの場合「費用×容量」「費用×内容」を意識すると思います。


その中でボタニストは前提として「費用×内容」が優れている事は勿論ですが、「費用×成分」に関して言えばサロンシャンプーに引けを取らない市販最強級のシャンプー・トリートメントであると言えます。


特にシャンプーに関して言えば、BOTANISTはサロンシャンプー並みの品質市販価格で入手できるという点です。





ボタニストは植物由来で作られており自然な仕上がりと使い心地を表現しています。


また使用感だけでなくシャンプーにおいて一番大切と言われている高い洗浄力も保持しています。


しかし高い洗浄力のみでは髪や頭皮にダメージのみが残ってしまいます。


そこでボタニストに含まれる成分が以下の二つの成分。


☑ココイルメチルタウリンNa
☑ペリセア


ココイルメチルタウリンが含まれるシャンプーは仕上がりが柔らかく、カラー・パーマの持ちが良いというメリットがあります。





特にこのペリセアという成分はサロンシャンプーには多く含まれている成分ですが、市販シャンプーにはなかなか含まれていません。


低コストでこのクオリティを実現させるのは珍しく、渾身の1商品と言えるでしょう。


因みに髪のケアは洗浄力が命と言われています。


いくらいいトリートメント、マスク、オイルを使っても洗浄力が低くては効果は激減します。


よって市販シャンプーの中でも上記成分が含まれるBOTANISTはお勧めです。



ボタニストの夏限定商品





ボタニストの夏限定商品は「夏の強い乾燥により受けたダメージヘアに、潤いを与える事」にフォーカスしています。


またこのダメージと言うのは髪だけではなく、肌のダメージも含まれそれらを広くカバーする商品を、この夏限定で販売しています。


この乾燥からダメージのダメージに潤いを与えるためにボタニストはたった一つの植物の強みに注目しました。


それが多肉植物であるアガベです。


植物の力で最強の保湿を実現


多肉植物のアガベとは別名センチュリープラントと言う風にも言われています。


このような二つ名がついた所以として、「100年に一度しか花を咲かせない」ことからそう呼ばれています。


このアガベ自体の生息地と言うのも乾燥地帯の過酷な環境となり、ここで100年に一度でも花を咲かせる、植物の力強さを感じる事が出来ます。


また乾燥にも負けない、多肉植物ならではの含水力はもはや圧巻です。






今回販売された夏限定商品はこのアガベエキスを全シリーズに配合しています。


このアガベエキスと言うのも乾燥の悩みが多い夏の時期だからこそ、最大の効果と恩恵をもたらしてくれます。


しかし意外と日本人って夏の保湿ケアを疎かにしがちで、夏こそ周りと差を付けられる時期なんです。



夏限定商品は何故求められる?


夏になるとまず敏感になるのがUV(紫外線)かと思います。


しかしこのUVケアは肌ケアばかりに意識が向いてしまい、意外と髪のケアは後手になりがちです。


特に夏場は特に紫外線が強いとされているので、ここでケアするか、しないかでその後のシーズンのコンディションにも影響していきます。





このような傾向があるにも関わらず意外とケアを簡易的に済ましてしまうのは何故でしょうか。


噂によると約82%の方が冬より保湿ケアを簡単に済ませてしまっていると回答しています。


確かに肌ケアもして髪まで意識を向けたら多忙な方は時間的に厳しいでしょう。


そんな悩みを効率的かつ効果的に解決してくれるのがBOTANISTの夏限定商品たちなのです。



ボタニストの夏限定はここが凄い




ボタニストの夏限定商品はリフレッシュコンプレックスを配合しており、夏枯れ状態の髪に潤いを与えます。


☑アカべ
☑茶葉
☑シアバター
☑アセロラ
☑ペパーミント
☑グレープフルーツ




上記の6つの保湿成分が髪に潤いを与えていきます。


さらに夏ならではの悩みを解決する成分も配合しています。


それが暑くムシムシした頭皮をひんやり快適に導くメントールを配合しています。





香り・成分には拘りたいけど夏のバスルームも快適に過ごしたい


ボトルのデザインにも拘りたい。


そんな思いを持つ方には特におすすめです。



【夏限定】シャンプー&トリートメント




さてここからは実際に私がボタニストの【夏限定】シャンプー&トリートメントを使ってみた時の感想と、ネットの口コミを比較していきたいと思います。


まず前提として私が今回購入したのはダメージケアのシャンプー&トリートメントとなります。


何故スムースではないのかと言うと、ダメージケアの成分の良さ2020年からの新商品と言うのが大きな要因です。


成分に関して言えば先ほどお伝えした通り、ダメージケアはボタニスト屈指の高級成分を含有しています。


それに相まって2020年からの新商品となり、ダメージケアを選択しない理由はないと思います。




この夏限定のダメージケアは枝毛・切れ毛を補修し、なめらかな髪へ導きます。


香りもチュベローズ&アップルミント、チュベローズ&ライチと言う爽やかな香りを実現しています。


実際に使用した感じ、ボタニストの夏限定のダメージケアは、さっぱり感と補修効果を兼ね備えた、痒い所に手が届く商品であると感じました。



実際に使ってみた


それでは実際に私がBOTANISTの夏限定のダメージケアを使用してみた時の感じたことを書いていこうと思います。


まずはデザインからですが、安定のBOTANISTを感じる、バスルームの景観を壊さない「シンプルかつ存在感を感じる」デザインとなっております。



白×青を基調としたデザインとなっていてとてもGoodです。


実際に使ってみて感じた事は、シャンプーに関して言えば、個人的にですが他のボタニスト製品より粘度が高い?と感じました。


しかしその手触りとは真逆でメントールが効いていて、かなりさっぱり感を味わえます。


この含まれているメントールですが、現在市場に出回っている他社製品と比較すると、かなり自然な爽快感です。


無理やりスース―させるのではなく、あくまで自然に、ボタニストらしさを潰さない様に意識して作られていると感じました。


また爽快感デザインだけでなくしっかりと高級成分も含まれていました。



シャンプーの香りは従来のボタニストの甘めの香りではなく、甘さを抑えてそこにミントの香りを+αした新しい感覚が味わえました。


トリートメントは一言で無理やりまとめるとサイダーの香り?です。


因みにミント・メントール・サイダーと言うと、なんだか髪のダメージを補修できなそうと感じるかもしれませんが、ダメージケアをベースにしていますので仕上がりは、しっとり・なめらかに、そして爽やかに仕上がります。


なので女性だけではなく、男性にもお勧めできる商品かと思います。



BOTANIST【夏限定】の評価と感想


それでは最後にボタニスト【夏限定】シャンプー&トリートメントの評価をしていきたいと思います。




正直今までボタニストの商品を使ってきた人であれば、夏限定ならではの違いや良さにすぐに気づけるかと思います。


また初めて購入を検討される方でも恐らく「普通に良い商品」と感じれる商品ですので、これを機にボタニストがもっと認知(十分有名ですが)されたらいいなと願います。


特に男女兼用で使えるのは夏限定商品の最大の強みであるとも言えると思うので、これからの季節を快適に過ごしたいと感じる方は是非使ってみてください。

以下リンクでWEB限定セットが期間限定で販売されており、単品で購入するよりかなりお得に購入できます。 


因みに夏限定のため、在庫がなくなり次第販売終了となります。


またもし自分に商品が合うか心配の場合は、とりあえずメントールを含んでいる、シャンプーのみ試してみるのも選択肢の一つです。




まとめ


・夏の頭皮の悩みを解決できる

・男女兼用で使える

・デザインGood

・成分も拘っている



いかがでしたか。
今回はBOTANISTの夏限定商品の「シャンプー&トリートメント」についてまとめてみました。


限定商品となりますので、興味ある方は売り切れる前に押さえておきましょう。


以下の記事でBOTANIST商品について詳しくまとめています。興味ある方は↓↓↓

BOTANIST(ボタニスト)はメンズにもおすすめ!シャンプー&トリートメントの比較と【おすすめ商品3選】

BOTANISTというブランドは今では誰でも知っている有名ブランドとなりました。 ドラッグストアやネットの広告でもよく見かけるようになり、気になる方も多いかと思います。 当初私もあのシンプルで洗練されたデザインに惹かれた一人でした。 しかし実際に買うとなったら市販ではなかなか高い方なので思いとどまる方も多いかと思います。 ...




ブログランキング参加しています!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


勉強法ランキング

FC2 Blog Ranking



QooQ