BOTANIST(ボタニスト)のヘアバームで補修×スタイリング!ボタニカルヘアバームを実際に使ってみた感想と評価について

2020年12月9日水曜日

美容




皆さんは、日常のスタイリングは何を使って行っていますか?


男女問わず、多くの場合ワックスを用いて、自身に合った髪形へ導いているかと思います。


しかし、「ワックスはなんだかダメージが大きそうだから使いたくない」と感じる人も少なくないはずです。


そんな皆様にお勧めしたい商品があります!


それが以下の商品。


BOTANIST ボタニカル ヘアバーム


本記事ではヘアバームを実際に使ってみた感想と評価、またネットの口コミなどを元に客観的に商品についてまとめていきます。


レビューしていくにあたりBOTANISTの公式を参考にする個所もございます。


もっとBOTANISTの商品を深く知りたいという方は是非公式↑↑↑を参考にしてみてください。

最近発売された、

☑プレミアムライン シリーズ
☑ever シリーズ

についてもまとめています。


興味ある方は是非↓↓↓



BOTANISTとは




BOTANISTとは植物学者という名を持ち、言葉の通り自然・植物と向き合い共存していく事で、日々の生活を丁寧に過ごす事の重要さ、なによりシンプルでいる事の大切さを教えてくれます。


また現在botanicalブームであり、ボタニストはその道を切り開いたパイオニアと言えるでしょう。


実際に売り上げ推移を見てみると、結果は顕著に表れています。




その為、店頭でもボタニストの商品が多く陳列され、ネットショッピングにおいても、確かな注目と結果を残しています。


ここ最近の受賞歴としては、
「楽天ベストコスメ~ボタニカルシャンプー・トリートメントシリーズ」にて2018年、2019年(上半期)において連続受賞するほど人気の商品となります。


なぜここまでボタニストは人気になったのでしょうか。


個人的な意見を3つにまとめてみました。


BOTANISTが人気な3つの理由




BOTANISTはなぜここまで人気になったのでしょうか。


個人的には3つの理由があると考えています。


①シンプルなデザイン
②豊富な種類
③市販最強級の成分


上記3つの中での中で個人的にボタニストが顧客に与える最大の魅力はシンプルなデザインだと考えています。





BOTANISTのデザイン性



シンプルなデザインで幅広い年代に認知されているブランドは無印良品が有名ですが、余分な物を持たないミニマリスト(意味合いは違いますが)なども大きな注目を浴びています。


そしてボタニストも上記二つと類似した「シンプル」という領域では同じ部類に入ります。


一方で、市販の化粧品は一般的にきらきらと輝く華やかなデザインが多く採用されています。


上記採用理由として匂い・成分などの効果だけではなく見た目も楽しんでもらう為に、このような華やかな外観が多く採用されているイメージですが、「シンプル」が流行りの現在ではBOTANISTのザ・シンプルなデザインは、むしろ目を引く商品となっています。




そもそも人間は何かを認識する時、五感を介して判断・行動に移行します。


五感は視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚で成り立ち、多くの場合コスメでは店頭にテスターがない場合、視覚に頼るしか商品の効果を評価するのは難しくなります。


ヘアーオイル、ボディークリームなどはテスターで「嗅覚・触覚」で感じる事が出来ますが、シャンプー、トリートメント、ヘアマスクなどはなかなかそうはいきません。


なのでこのデザインで競合と差別化を図り、視覚での評価を独走したという点では、BOTANISTのデザイン戦略は成功であると私は思います。


BOTANIST ヘアバームとは



今回紹介させていただく、「ヘアバーム」とは簡単にまとめると、髪を労わりながら髪の毛をセットできる夢のようなアイテムです。


髪の毛をセットしたい。だけどワックスを付けてまでガッツリセットしたくない。


もしくはダメージが気になるからセットしようにも出来ない。


このような悩みを抱えている方は少なくないはずです。


しかしBOTANISTのヘアバームは、パサついた毛先をしっとりまとめ、毛先まで集中補修しながら理想の濡れ髪へ導いてくれます。


それに加えて、BOTANISTらしい植物由来の保湿成分を配合している事で、髪だけでなく、身体や手などのクリームとしても代用可能となっています。


最後にまとめると以下のようになります。




個人的にこの商品の利点としては、ダメージやセットをしつつ、濡れ髪を実現できる所だと思います。


他のヘアーオイルだとペタッとなってしまっていても、もしかしたらBOTANISTのヘアバームを使う事で、理想の髪へ近づけるのかもしれませんね。


スタイリングとダメージケア




人は少なからず外見は少しでも良く見せたいと思うものです。


服装やメイクは基本ですが、やはり髪型も気にしたいのが本音。


しかし髪をいじりすぎるとダメージが気になって思うようにセットできないなんて思う方は多いのではないでしょうか。


実際アンケート結果を見てみても多くの女性が髪の悩みを抱えています。


*数値参考:暮らし密着アンケート「髪の健康」




またBOTANISTの独自調査では「髪のスタイリングをしながらダメージケアが出来たらいいと思う」と回答したのが全体の92%を占めていました。


その様な多くの悩み・ニーズの元誕生したのが、BOTANISTのヘアバームとなります。



特にこの商品は植物オイルをベースにしている為、ボディー・ハンドクリーム用としても使え、少なからず普段のヘアケア時に生じる頭皮へのダメージも抑制できると推測されます。


また、この商品が優れているのは、効果や使い勝手のみではなく、香りも優れているのも挙げられます。


香りはレモングラスとゼラニウムであり、


爽やかさの奥に上品な甘さも漂ってくる、とてもすっきりした香りとなっており、男女ともに愛される香りとなっております。


朝、気持ちをすっきりさせたい!そんな悩みを抱えている方には、とてもお勧めな商品となっております。


植物由来と毛髪補修成分



ボタニストは植物由来をベースとしており、それは勿論ヘアバームも同様となります。


まず一つ目に艶髪へ導いてくれる「ボタニカルシードオイル」です。


このオイルは、ヒマワリやチアシードなどの植物の種子から抽出したオイルの力で髪に潤いを与えてくれます。


また潤いだけではなく、ヘアバームは髪と肌を保湿する効果もあります。


それが「ボタニカルバターミルク」です。


このミルクはアーモンドオイルやココナッツオイルが含有されており、これらによって、髪だけでなく肌へのなじみも良い、ボディークリーム&ヘアバームという二つの要素を取り入れた商品を完成させています。



また、保守成分としては、11種のアミノ酸の力によって、毛髪ダメージを補修しています。


つまりこのアミノ酸の力によって、スタイリング&補修の同時進行を成し遂げていると言っても過言ではないでしょう。


それに相まって、「セラミド」や「スクワラン」を含有しているので、髪に潤いを与え毛先までまとめてくれます


従って、この使い方は正しいとは言えないかもしれませんが、朝寝坊したとき、寝ぐせを治すために使用するのもありなのかもしれません。


ヘアバーム×ネットの口コミ



ここからはネットの口コミを取り上げていきたいと思います。


今回参考にさせていただくのは楽天の口コミです。


楽天評価
4.39/5.00(122件の評価中)


正直美容ジャンルで評価4.0を超えるのは高評価であると言えます。


筆者はボタニストシリーズを多く書き連ねていますが、122件のレビュー中4.4の評価は流石のBOTANISTもそう多くはありません。


したがって、ユーザーからも間違いなく評価をされている、優れた商品であると言えます。


因みにユーザーからは以下のような意見が寄せられていました。

ネットの口コミ(+な意見)

☑柑橘系の香りが良い

☑オーガニックなので子供が触っても安心

☑使用後、ハンドクリームとして使えるのが良い

☑ダメージヘアでもきしまない

☑べたつかずしっかりまとまる

☑男性にもおすすめ


ネットの口コミ(-な意見)

☑香りが好みではなかった

☑べたべたする

☑セット力は弱い


まず初めに、評価が4.4の高評価なので、前向きな意見が多く寄せられていました。


特に「香りがいい」という意見は多く、個人差はありますが苦手な方は少数なのかなという印象を受けます。


また「男性にもおすすめ」というのは同感で、特に「パーマ男子」には重宝する商品であると思っています。(その話は次の章で)


マイナスな意見としては「べた付く」というのが目立ちましたが、感じ方は人によって異なるので、この意見は間違っていないです。


しかし使用した身としては、使用量を減らし全体に浸透させる感じで使用すると「べたつき」は改善されたので、もし「べたつき」に悩んでいる方がいましたら、使用量を減らしてみる事をお勧めします。


ヘアバームを使ってみた感想と評価




ここからは私が実際に使ってみた感想と評価についてまとめていきます。


前提として、ネットの口コミと同様にこの商品は評価は高いです。


私の意見が絶対ではありませんが、参考になれば幸いです。


それではまず外観から、




安定のボタニストらしい、シンプルなデザインとなっておりGoodです。


シンプルなデザインは洗面台の景観を壊さないのでボタニストは重宝しています。


因みに大きさは大体、リポビタン〇と比較して高さは1/3ほど、一方で幅はほぼ同じとなっております。


なので大きさとしては決して大きくはなく、場所を取らない点もいいですね。


さて、ここで一旦まとめると以下のようになります。



まず香りに関してですが、BOTANISTの商品の中では強めであると感じました。


しかし強いと言っても、「臭い」ではなく、爽やかなレモンの香りが「しっかり香る」というのが正しいです。


私の周りでは、この香りが苦手という人はおらず、口を揃えて「良い香り」と言っていました。


髪だけでなく手なども香ってくれるので、癒しの時間をより長く体感できるのはいい点です。


また柑橘系なので、男女・お子さんなどにも使用できるので、みんなで使用出来るのは大きなメリットかもしれません。


次にセット力に関してですが、正直「強くはありません」


しかしこの商品はそもそもCONCEPT的には、「髪の補修×スタイリング」が可能というものなので、「セット力が弱い!」と、もし使用したときに突っ込むのは押さえましょう。


元から2way仕様の夢のような商品なので、セット力を責められるのはメーカーが可哀そうです(笑)


なのでこのヘアバームは「まとめたり」「癖を出したり」するのが一番生きてきます。


もともと濡れ髪に導く製品ですので、「まとまり」を出すのが得意な商品となります。


実際私は「名癖なおし」などにも頻繁に使用しております。


「癖」と言う点では、「パーマ」をかけている人は、ぜひ使っていただきたい商品です。


☑セットが出来て
☑広がりを抑え、まとまりある髪へ導いて
☑濡れ髪で大人っぽさを出しつつ
☑補修・保湿が可能なので、髪のダメージを気にしなくていい


いかがでしょうか。


まさしく「パーマ」をかけている人向けだと感じませんか。


勿論、ストレートの方も全然使っていただけます。(私はストレートです)


最後にコスパに関してですが、

・個人的には良い
・人によっては良くはないかも


というのも、容量は32gほどの大きさなので、決して量が多いとは言えません。


「沢山使いたい」という方や、「髪が長い」という方は消費量が気になるかもしれません。


しかしつけすぎると本当に髪がギトギトするので、使いすぎるという事は考えにくいですが。


使用量をしっかり守っていただければ、多くの方に評価されている商品となりますので、是非一度使ってみてはいかがでしょうか。


まとめ


☑香りは柑橘系の香りで本当にいい
☑補修×スタイリングが可能
☑つけすぎるとべたつく
☑通販で高評価をええいる商品


いかがでしたか。
今回は新しく発売された、ボタニストのヘアバームについてまとめてみました。


ブログランキング参加しています!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


勉強法ランキング

FC2 Blog Ranking

QooQ