出荷検査の目的とは?最終検査の役割、重要性・信頼性について考える。

2019年12月12日木曜日

QC検定 検査



不良品が世に出回るか出回らないか、それをジャッジするのは受入検査でも工程内検査でもなく最終検査です。


この判断を誤ると、自身が想定していなかった大事になることは勿論、トラブルや多くの方々に迷惑をかけてしまう事態に見舞われます。


そうならないために最終検査はどういったことを意識して行い、また目的というのも明確にしていこうと思います。


検査の重要性





自社で製造した製品に不良がありそれが世に出回った瞬間からそれは問題として扱われます。これを未然に防止するために「検査」を行い不良品の市場流出を防ぐ必要があります。

ー検査とはー
サービスや製品において測定・検査などを行い、規定要求事項(ISOの基準)と比較して、適合・不適合を判断する活動

また上記の「適合」が示すものは規定要求事項を満たしている事であり、満たされているものを「適合品」、満たされていないものを「不適合品」といいます。


検査の実施対象は大別して以下二つとなり、判定対象も異なってきます。


・製品 :適合品・不適合品
・ロット:合格・不合格


ここで検査の目的について触れていきます。

検査の目的とは 安定かつ優れた品質を顧客に提供するために、製品が基準内に収まっているか評価し、その評価を関連部署にフィードバックを行い、工程改善につなげる事

検査というのは単に検査を行って「適合・不適合」、「合格・不合格」を提示するのが目的でなく、検査によって根本的な不良の流出を防ぐことが第一の目的となります。



検査の分類



検査を行う時に重要なのは、その時求められている検査方法を的確に選択し、正確に利用していく事が重要になります。


上記を確実にこなすことで、不良品の発生を削減したり、不適合品の世の中への流出を防いだり、後工程からの信頼、市場からの信頼を得ることが可能となります。


この検査方法の種類は大きく分けて3つに分類され、さらにそこから細分化していきます。




大別すると「生産プロセス」「判定方法」「実施方法」のつに分類され、そこから「受け入れ検査」「官能検査」「全数検査」と言うように細分化されます。


品質管理における検査の種類についてまとめています。興味ある方は是非↓↓↓

検査方法の種類とそれぞれの特徴とは?QCにおける検査方法のまとめ

誰もが認める良質の製品を市場に流すためには「品質」と「検査」の組み合わせは切っても切れない関係です。 検査とは一概に言っても様々な種類があり、その時求められている「検査」を実施していく事が重要となります。 今回は品質管理における検査についてまとめてみました。 検査を行う際に重要なのは、その時行わなければいけない検査方法を的確に選択し、正確に活用していく事が求められます。 ...

今回の記事では生産プロセスの枠組みの中の「最終検査」「出荷検査」についてまとめていきます。



最終検査(出荷検査)とは?



ー最終検査とは【JIS Z 8101:1981】-
完成した製品が、製品として要求事項を満たしているか判定するために行う検査

まず初めに出荷検査と最終検査という二つの言い回しがありますが、それは企業によって分類のしかたはまちまちなのでどちらでもOKです。


私的には「最終」の方が理解がし易いのでこちらの方で覚えています。


この最終検査(出荷検査)の役割というのが以下になります。


最終検査の役割とは




【最終検査の役割】
完成品が設計品質を満たしているのかを確認する事

また「品質」には設計品質・製造品質・販売品質に分類され、その中の設計品質とは習いの品質とも言われており、設計図などや定められた基準通りに作られた品質の事を指します。

ねらい・できばえ・サービスの品質とは?品質と品質管理について考える~QC検定攻略~

皆さんは「品質とは?」あらためて聞かれたとすると明確に答えることが出来ますか? 「品質」とはひとくくりに言っても様々な種類が存在するのはご存じでしょうか。 今回は品質の「定義」から「要求品質」「ねらいの品質」「できばえの品質」「サービスの品質」「品質の種類」などについてまとめてみました。 前回の記事ではTQMについてまとめています。 興味ある方は是非ご覧ください↓↓↓ ...


その品質の尺度は製品仕様が顧客の要求に合致しているかどうかで決まります。


この設計品質を作成するにあたり品質機能展開(QFD)やデザインレビュー(DR)などの禀質保証を行います。

設計と開発でプロセスを管理する設計審査(DR)とは?~QC検定攻略~

製品やサービスにおける、設計や開発のプロセスを確立し実施する事、そしてそれを維持していくにはどういったことが求められていくのでしょうか。 これらを計画し実施して得られた結果をレビューするDRとはどういった役割を持つのでしょうか。 今回は設計審査(DR)について例なども含めて解説していきます。 前回の記事では品質保証体系図と目的についてまとめています。興味ある方はぜひ↓↓↓ ...

この設計品質を確かに満たしている製品を出荷するための検査が最終検査ですが、ここからはあまり大掛かりな検査機などを活用するというより、「目視確認」など人の感覚によるものを活用していきます。


最終検査をこの簡易的に済ませる事が出来るかは、いかに「受け入れ検査」「工程内検査」を徹底して行うかがカギとなります。

受入検査とは?目的や購入仕様書・工程変更申請書・出荷検査成績書について。

皆さんは購入した製品や材料・商品などに対してどのような管理や検査を行っていますか? 長年の付き合いで信頼を置いているビジネスパートナーとの取引だとしても、検査を行うことは非常に大切な事となります。 そこで今回は検査の中の最初に登場する「受け入れ検査」についてまとめていきます。 受入検査の目的は勿論、「購入仕様書」「工程申請書」などにも触れていきたいと思います。 ...


工程内検査の意味とは?中間検査の目的などについて

製造業に携わる限り、工程の管理を行うことは避けては通れない必須事項です。 工程内管理を行う上で重要なのは、工程の検査を行い、後工程に異常品を渡さないことです。 「品質は工程内で作りこむ」という考えがありますが、この考えを形に出来る検査を「工程内検査」と言います。 今回の記事はこの「工程内検査」についてまとめていきます。 ...

これらの検査を確実にこなした時「目視検査」などを行うことが出来ます。


この時「目視検査」などの人の感覚に左右される方法を活用する場合は、一人ではなく最低二人、三人などを行うといいでしょう。


単一の確認となれば必ず見落としが発生する事は容易に予想できるので、客観的に判断を下せる第三者の目で☑をしてもらいましょう。


このチェック方法ですが「点検用チェックリスト」などをうまく活用し、効率化を図るといいでしょう。

QC7つ道具「チェックシート」とは?作成手順や特徴・種類について解説~QC検定攻略~

皆さんはデータを収集し管理するうえでどのような方法を活用していますか? ものづくりでは時間効率を重要視するので出来るだけ調査や日常的管理は効率的に行うことが求められます。 そこで今回はこれらの効率化を図るうえで重宝される「チェックリスト」についてまとめてみました。 前回の記事ではQC7つ道具の一つである「特性要因図」についてまとめています。興味ある方は是非↓↓↓ ...


最終検査の目的




それでは最後に最終検査の目的をまとめていきたいと思います。

最終検査の目的とは 不良品・異常品が世の中に出回るのを防ぐのが最大の使命

「受入検査」「工程内検査」とは異なり、ここを過ぎるとお客さんのもとに届き、内部の問題ではなくなります。


そのため製品の外観検査や、取扱説明書、保守部品など必要なものを入れて、全ての物が入っているか確認してから、梱包をおえ出荷するようにしましょう。


まとめ


最終検査の最大の使命は「不良品」の市場流出を防ぐ事

「内部」の問題でなく「外部」の問題になるので最新の注意を払う


いかがでしたか?
今回は出荷検査についてまとめてみました。


次回は官能検査ついてです。それでは!

官能検査の目的とは?メリット・デメリット・注意点・限度サンプルについて分かりやすく解説

品質管理における検査というのは、単に機械で判定するものではなく、人間の感覚で判断を下すものもあります。 機械で行う検査で数値化しにくいものは人間の感覚に判断をゆだねるしかなく、この検査方法を「官能検査」といいます。 今回は人間の「味覚」「聴覚」「嗅覚」を最大限に活かした検査方法である「官能検査」についてまとめてみました。 ...


QC検定3級を楽して合格したい方にお勧めです!

QC検定3級【品質管理検定】の勉強方法・勉強時間を公開。3か月で9割を獲得するための対策とは?

ものづくりに携わるうえでものづくりと品質管理という役割は切っても切れない関係なのはご存じでしょうか? 最近は品質の不正などの多発により「品質」への関心が集められています。 その関心と共に注目されている自己摘発が そこで今回の記事はQC検定3級をした自身の経験をもとに攻略法・勉強法をお伝えできればと思います。 Point.1 こんな人にお勧めです ・勉強時間が足りないから要領よく学びたい ...
ブログランキング参加しています!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


勉強法ランキング

FC2 Blog Ranking




QooQ