QCD・PSME・源流管理・重点志向・3現主義~QCの考え方③~ QC検定【品質管理検定】

2019年10月19日土曜日

QC検定




こんには。インコです!


皆さんは品質管理を行う上で、どのように管理を行い成果を挙げていますか?


品質管理は統計的手法を用いて解析などを行いますが、現場などには赴かないのでしょうか。


本日はQC検定3級の実践分野である「源流管理・QCD・PSME・重点志向・3現主義」ついてまとめていきます。


QC検定のみでなく実際の業務にも関わる重要な内容を含みます。是非理解を深めたいところです。


前期の記事で「応急対策・再発防止・未然防止」についてまとめています。興味ある方は↓↓↓

応急対策・再発防止・未然防止の違いを徹底解説~QCの考え方②~QC検定【品質管理検定】

皆さんは働くうえでどのような予防・防止・対策をおこなっていますか? 実際にこれらの違いを問われたときに正確に答えてそれを実行できていますか? 今回の記事はそれらの違いを分かりやすくまとめていきます。 予防・防止・対策は特にものづくりに携わる方はぜひ理解を深めたい分野です。それ以外でも幅広いQCを考えるうえではこれらの知識は確実に押さえておきたいところです。 こんにちは。インコです。 ...

源流管理




源流管理とは
工程で異常が起きた場合にその真の原因がどこにあるのかを、川の流れに例えて前工程(源流)へさかのぼり、その真の原因を突き止めて改善し、管理することを源流管理といいます。


例えば最終工程で製品に不具合が発生した場合、不具合品の対策処置をして、さらに再発防止のために原因を究明して、その歯止めを行うことが必要となります。


その真の原因は「設計段階のミスなのか」「前工程のミスなのか」もしくは「前会社のみすなのか」などの面から追究していくことが必要です。



QCD・PSME




QCDとは
品質第一とは企業が経営戦略を展開していくうえの一つの考え方であり、品質至上ともいわれています。

経営戦略とは企業が競争的環境の中で生き抜いていくためにたてる基本的な方針で、品質第一の他に、新製品戦略、価格戦略などが存在します。


また企業には需要の3要素というのが存在します。


・品質 (Quality)
・コスト(Cost)
・納期 (Delivery)


優先順位としては、
品質(Q)コスト(C)納期(D)
の順となり、品質を最優先に考えて、お客様第一に、製品やサービスを提供する活動をしていけば、おのずとコストの低減、納期の順守に結びつきます。


さらにこのQCDに


・生産性 (Productivity)
・安全  (Safety)
・モラール(Morale)
・環境  (Environment)


を加えたQCD+PSMEを品質の管理項目として挙げる場合があります。
こちらも大切なので是非押さえておきましょう。


重点志向




品質管理活動を行う場合、全ての問題に対して改善活動を取るのは、効率的ではありません。


限られた経営資源(人材・資金)を集中的に投入し、効率的に成果を挙げていくためには、優先順位を明確にし、効果の大きいものを特定する必要があります。このことを重点指向と呼びます。





この重点指向を把握するtoolとしてQC7つ道具パレート図が挙げられます。


パレート図は重点指向を瞬時に把握できるメリットがあります。
以前に詳しくまとめましたので興味ある方は↓↓↓

QC検定3級(品質管理検定)頻出分野!QC7つ道具「パレート図」5分解説

こんにちは!インコです。 前回の記事では、測定誤差や基本統計量について述べさせていただきました。 計算公式も多く是非理解を深めたい単元でした。QC検定の基礎的な範囲ですのでしっかり理解しましょう! 平方和、メディアンに興味ある方は是非ご覧ください! こんにちは!インコです。 ...




事実に基づく管理




品質管理は「事実」を重視します。データで事実を把握することが、次への判断から行動に移行するためには不可欠な要件です。


目的に応じて、事実を客観的に把握できるようにデータを取ることが、誤った判断をしない事にも繋がります。


事実をデータで示し、統計的手法を用いて解析を行い、改善の効果もデータで把握し、維持管理もデータで確認していくといった考え方です。


事実に基づく管理の対語として、KKDという用語があります。


これは

勘 (Kann)
経験(Keiken)
度胸(Dokyou)


をアルファベットで書いたときの頭文字を並べたものです。


問題が発生してそれを改善しなければならないとき、KKDのみに頼って問題を処理することを意味します。


よって品質管理ではKKDのみでは、正しく問題を解決することが出来ない状況であることを指します。


つまりKKDを多用しすぎると品質の正確さに欠けてしまうので程々に頼るのがいいでしょう。


3現主義





問題解決・改善を進めていくうえで、3現主義という考え方も重要になります。


3現主義の3現とは「現場現物現実」のそれぞれの頭文字をとったものです。


問題などが発生した場合は、机上でなく、「現物」に足を運び、まず現場の状況を確認します。そこで「現物」を確認し、起きている「現実」を目で見て、事実を知る、という意味です。


つまり、3現主義とは、「場を見る」「物を見る」「実を見る」といいます。





しかし机上の空論とは良くないと言われがちですが、時には重要な場面もあります。


その時はケースバイケースで対応していくのが望ましいです。


まとめ


・異常を徹底しては把握するためには源流管理が重要

・重点的に改善していくことで効率よく結果に表れる

・KKDと3現主義をバランスよく使いこなす


いかがでしたか?
本日は3現主義などについてまとめてみました。


次回は「5s・見える化」などについてです。
それでは!

職場改善の基本!「5S」と「見える化」について QCの考え方④~QC検定攻略~

こんには。インコです! 皆さんは品質管理を考えるうえでどのような活動・管理を行っていますか。 例えば清掃などは後回しにしがちですが、実は品質に関わるとても重要な活動です。 今回は清掃などを含む5Sや見える化などを記事にまとめていきます。 詳しく知りたい方は3分間おつきあいください。 前回は「3元主義・重点指向」などについてまとめています。 興味ある方は↓↓↓ こんには。インコです! 皆さんは品質管理を行う上で、どのように管理を行い成果を挙げていますか? 品質管理は統計的手法を用いて解析などを行いますが、現場などには赴かないのでしょうか。 本日はQC検定3級の実践分野である「源流管理・QCD・PSME・重点志向・3現主義」ついてまとめていきます。 QC検定のみでなく実際の業務にも関わる重要な内容を含みます。是非理解を深めたいところです。 ... 1、見える化 2、5S活動とは 3、整理 4、整頓 5、清掃 6、清潔 7、しつけ 8、まとめ 見える化とは 仕事内容・業務内容などによって適用方法は変わりますが、一般的には問題・課題の認識の共有に利用されます。 そしてその共有方法としては図・表・グラフにしてします。 また問題の解決策を講じるために、問題点の把握を目的として見える化を行うこともあります。 しかし何でもかんでも見える化しても意味がありません。 再発防止策を共有しようとし、採取したデータや結果をすべて見える化しても恐らく誰も見ないでしょう。 つまり見える化は「 見せようとしているか 」、「 情報を厳選しているか 」というのがとても大切になってきます。 例えば以下のグラフたちを用いたとします。 数字よりかは見ようとしますよね。むしろ何が書いてあるか気になるぐらいです。 情報の厳選とは数字でただ結果を示すのではなく、図やグラフを多く使い 視認しやすくすることで見える化は 最大の効力 を発揮します。 これらを意識して行うことでに繋がるでしょう。 5S活動とは 合理的な作業を推進していくうえで、職場の環境を整備し、維持していく活動であり、 「整理・整頓・清掃・清潔・しつけ」 という日本語の頭文字をとり「5S」と呼ばれています。 ・整理 (不要なものを片付ける) ・整頓 (必要なものを適切な場所に準備) ・清掃 (異物を除去) ・清潔 (汚れのない綺麗な状態が維持) ・しつけ(決めたことを必ず守る) 「」活動は先ほど不要なものを片付けると述べましたが、実際にどういった整理が高い効果をもたらすのかについて触れていきたいと思います。 まず初めに整理とはただ単に「モノを整理して掃除した」ですませてはいけません。大切なのは「 最新の情報の整理」、「 情報の共有を図れる整理 」を行うことです。 私たちは働いていくうえで、個人としても組織としても常に前進しています。前進しているということは常に 新しい情報を得て行動し形にしている ということです。 その形にしたものというのは過去のものから最新なものまで残っており、この「過去」と「最新」をはっきりと区別し整理することが大切となります。 そうすることで、より効率的な仕事効率に繋がります。 そのためには最新情報をどういった形でまとめればいいのか考える必要があります。 ノウハウであれば短編にまとめたり、データであればより理解しやすいファイルを作成するか。 そういった「考えの整理」もとても重要になってきます。 「 整頓」活動は必要なものを必要な時にすぐに使用できるように、 決められた場所に準備 しておくことです。 決められた場所といっても様々であり、ただ単に指定個所に物を置くのでは全く意味がありません。 その指定個所にも細かいルールを設けることにより整頓の重要度が格段と上がります。 こう言ったことを皆に知ってもらえるように情報を共有したり、残量については誰でもその残りが瞬時に把握できる工夫を凝らすことが大切となります。 なかなか無い例えですが、もし誰かがカッターを使い終わって「刃」が出しっぱなしで椅子に放置されていたとします。 気づいた人は危険を回避できますが、気づかず座ってしまった人はどうなるでしょう。 下手したら怪我に繋がる事案であるのはご理解いただけるかと思います。 普通カッターは工具箱に入っていたり、収納箇所が指定されています。それを無視した人の甘い考えが 他人の怪我を引き起こします。 たかが「 整頓 」と思うかもしれませんが予期せぬ事故を引き起こす可能性があるので日ごろから整頓は心がけましょう。 「 清掃 」は必要なものについた異物を除去する事です。 ...


QC検定3級を楽して合格したい方にお勧めです!

QC検定3級【品質管理検定】を合格したい方必見!0から3ヶ月で9割獲得した勉強法のすべて

ものづくりに携わるうえでものづくりと品質管理という役割は切っても切れない関係なのはご存じでしょうか? 最近は品質の不正などの多発により「品質」への関心が集められています。 その関心と共に注目されている自己摘発が そこで今回の記事はQC検定3級をした自身の経験をもとに攻略法・勉強法をお伝えできればと思います。 Point.1 こんな人にお勧めです ・勉強時間が足りないから要領よく学びたい ...


ブログランキング参加しています!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


勉強法ランキング

FC2 Blog Ranking

QooQ